2014年02月26日

破局は女優業にどう影響? 深田恭子 長澤まさみ 2人には“メダル級”のいい話

 ともに結婚の噂もあった人気女優2人、長澤まさみ(26)、深田恭子(31)に破局報道が流れた。長澤は俳優、伊勢谷友介(37)と約1年半の交際にピリオドを打ち、深田は約3年半交際した俳優、五十嵐麻朝(まあさ、29)と別れ、すでに3歳年上の新恋人と目される一般男性の存在があるという。これら恋愛経験は今後の女優業にどんな影響があるか? ファンはヤキモキだが…。

 伊勢谷との破局について、長澤の所属事務所の東宝芸能関係者は「報道の通りです」と認めた。深田も、所属のホリプロ関係者は「プライベートなことなので本人に任せています」と否定せず、新恋人と噂される男性には「友達の1人と聞いています」と話す。本人たちにはつらい話だが、芸能評論家の肥留間正明氏は「2人には“メダル級”のいい話。破局は女優のキャリアに絶対必要な要素」と言い切る。

 というのも、長澤は女優として才能満開とはいえない現状がある。代表作といえば、いまだに10年前の出世作「世界の中心で、愛をさけぶ」が挙げられ、「モテキ」(11年)では頑張ったものの、これぞ代表作というような1本がない。「もう26歳で女優、女性として転換期。伊勢谷との交際経験は芸の幅を広げることにつながったはず。不倫に走ったり男を寝取る悪女など、今も強い清純派イメージを覆す役を演じて、大人の女優と認められるチャンスになる」(肥留間氏)

 一方の深田。「恋をしながら女優としてずぶとさと魅力を増す、典型的野獣系肉食女優。女優はこうあるべし」と肥留間氏は大絶賛だ。

 「自ら男を選び、ほれて相手を口説いちゃう。五十嵐は年下で俳優として食えるほどブレークしていない状態だからと、『将来に責任が持てない』と普通、男が言うような言葉を漏らして別れた。相手を思いやってにしろ捨てたにしろ粋にやるもんだね、と思わせる。仕事に影響なんてまったくなく、またまた芸の肥やしになるだけ。後輩の女優たちは、彼女の“年に一度は恋の噂”の姿勢に学ぶべき」
参照サイト:ZAKZAK


↓まさmixリンク↓
【レトルトな男の作り方】女の子からデートを断られない男の特徴
人気アニメ“ミュージシャン”を逮捕!大麻所持容疑で
AKB総選挙の順位が意外なメンバー調査 55.3%で指原莉乃首位
posted by 長澤まさみ at 17:44| Comment(0) | 長澤まさみ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。